So-net無料ブログ作成

カーボンオフセットは、本当にエコ? [ぼやき]

カーボンオフセットとは、
商品の製造や流通の段階で生じる温室効果ガスを
金額に換算し、これを商品に上乗せして支払う。
この上乗せされたお金を、クリーンエネルギー事業などに投資し、
生じた温室効果ガスを相殺しようとする仕組みのこと。

つまり、発生してしまった温室効果ガスの量を何らかの方法で相殺し、
温室効果ガスの排出を実質ゼロに近づけようという発想が、
カーボンオフセットなんだけど、
これって、本当にエコなのでしょうか?

例えば、バス旅行で考えると、
バスが出す温室効果ガスの量を、金額に換算し、
通常の旅費に、この換算された金額を加算。

結果的には、「通常の旅費+カーボンオフセット料」となって、
旅行者が、自分の旅行で出した温室効果ガスを
相殺する分を支払うので、ちょっと割高にはなるのだけど、
ご時勢柄か、地球環境に優しい取り組みとして、
環境問題に対し熱心な方が、率先して、
このカーボンオフセットを選ばれているそうですね。

でも、素朴に思うんだよ・・・。
そこまでして環境問題を考えるのであれば、
旅行そのものを控えればいいのに・・・・ってね。

つまり、我慢なんだよね。
便利や楽という我慢ができないから、
こうした環境問題が起きているってことに、なぜ、気付かない?

遊びには行きたいけど、環境を考えて遠出は控え、
徒歩や自転車で動ける範囲にする。
こうすれば良いだけですよね? 本当に環境を考えるのであれば。

なのに、自分の行動により出してしまった温室効果ガスは、
「お金を負担するから、帳消しにしてくれ!」とは、呆れるよ・・・。
これを、「金にモノを言わせる。」って言うんじゃないの?
しかも、負担したお金が、どこでどんな形で使用され、
どれだけのクリーン事業に貢献したかまでは興味がない・・・のだから、
とてもじゃないけど、環境に優しい人の行動ではないのでは、と感じる。

例で挙げた、バス旅行であれば、
途中で、クリーン事業所などに必ず立ち寄り、
「皆さん(旅行者)の支払ったカーボンオフセット料は、
 ここで使われ、どれだけの役に立っていますよ。」といったとこまで、
やらなければ、意味を成さないのでは。

だいたい、エコの基本は、削減であるはず!
なのに、出した分だけ減らすのでは、プラスマイナス0じゃないか!
減らせてないのに、エコとは、やはり、おかしいですよね?

これは、このカーボンオフセットだけではなく、
バイオ燃料についても全く同じ。
バイオ燃料を燃やして出る温室効果ガスは、
原料となるトウモロコシなどの植物が、成長過程の光合成で、
大気中の温室効果ガスを吸収しているため、
結果的には、プラスマイナス0となるといった安易な考えと一緒ですよ。

これでは、温室効果ガスが削減されないじゃないか!
それどころか、植物は、昼間、二酸化炭素を吸収し光合成を行うが、
夜間は、二酸化炭素を出しているのだから、
本当に、相殺できているかなんて、ちょっと無理があるのでは・・・。
そして、こうした無理な理由を付けたがために、
世界の貧困層は、さらに目も当てられない状況となり、
日本でも、穀物類を中心に、物価上昇に喘(あえ)ぐ。
「なんだ、こりゃ? バカな人間の知恵により、
 ほかの人間の首を絞めてしまってる。」ですよね。

このブログでも何度か書いたけど、
ここでも言えるのは、エコはエコロジーではなく、
エコノミー(経済的)のエコなのでは?と言うこと。
こうして、人間の都合だけの、そう、経済活動優先の行動では、
どんなに頑張っても、温室効果ガスなんて減らせる訳もありませんよ・・・。

それにしても、次から次へと姑息な手段というのか、
環境を逆手に取ったビジネスには、残念の一言。
だから、思うんだ。
こうして、人間は死滅していくんだ・・・・と。

環境問題に、お金も知恵も要らないんだって。
ただひとつ、我慢という、ほんのちょっとの努力さえあれば・・・・。










nice!(70)  コメント(18) 
共通テーマ:blog

nice! 70

コメント 18

o-sami-o

私もそれは思ってました。
排出権取引も少し似てますね。
削減すれば売れるからという気持ちに
企業はなりますから排出量は減るでしょう。
でも、買う側の企業は・・・?と思います。
やっぱりお金で買うんですよね・・・。
なんでもお金になるんですね。
「お金で買えない物」だってあるんでしょうが、
目に見えない「気体」までがお金で買える、
そう思うとすごいなぁと思いますが
同時に少し悲しいです。
人間は弱い生き物ですから、
1度手に入れたとても楽な、とても便利な生活を手放すぐらいなら
知らない地域の森が無くなったりするほうがいいじゃないか
って考えてしまうんでしょうね。
って偉そうなこと言ってますが、
私だってやっぱり思ってしまうんです。
「私1人が何かしたからって対して変わらない」って。
確かにそれは本当のことですがその1人1人が大切なんですよね・・・

長くなってすいませんでした。
なんか思うままに書いちゃいました。
よろしかったら私の考えについて
私のブログの方にコメントしていただけませんか?
お待ちしてます。

by o-sami-o (2008-06-26 17:30) 

やまおか

環境を逆手に取ったビジネス・・・・確かにそうだと思います。
・・・・地球は周期的に気温や水温が上がったり下がったりしてる。 今 地球は周期的に温度が高い周期にある。 温室効果=人間の出す排出ガスと考えるのは100パーセント正しいとはいえない。 ・・・・・と TVで誰かが言っていたのを思い出しました。

※ 個人的意見です。
by やまおか (2008-06-26 18:21) 

さざなみ

間違いだったら御免なさい。
タイトルを「愛別離苦」として投稿した今朝の私に、匿名の様に名前を閉じてナイス!を下さったのは・・・もしかしてアナタ?
ナイス集めなんかの自分に非ず・って仰っている様に感じたんです。
もしそうだったとしたら、とっても嬉しかったのでこれを駄目元で送りました。
本当に見当違いだったなら馬鹿な私だと笑ってお許しを・・・<(_ _)>
アナタのはいつも同感と思いつつこれからも読ませて貰う私でしょう。
では失礼します。


by さざなみ (2008-06-26 19:11) 

ぺんちゃん

「ビジネス」なんでしょうね。
結局金儲けの道具 -_-;
そこにエコロジーは無いですね。
by ぺんちゃん (2008-06-27 06:52) 

ピースの後見人

同感です。
私は昔から移動は自転車か徒歩。
田舎なので生ゴミはたい肥。
知らぬ間にちょっとだけエコ生活してました。。
by ピースの後見人 (2008-06-27 07:34) 

mimimomo

こんにちは^^
仰っていることは分かりますが、贅沢は敵、と言うくらいにしていないと
人間と言うのは生きているだけでそれなりに地球に対してマイナス面を持っているから。
by mimimomo (2008-06-27 15:46) 

ちーず

むしろ「我慢」という抽象的なことを具現化したものが
「別料金を加算する」ということではないかと思います。
持論ですが、ガソリン税を下げるのは反対です。
下げると自動車使用者が増えるからです。
これは結果的に「我慢」を具現化していることになると思っています。
by ちーず (2008-06-27 16:09) 

吉之輔

>我慢という、ほんのちょっとの努力さえあれば・・・
一番難しい~~~
by 吉之輔 (2008-06-27 17:03) 

よしあき・ギャラリー

正論だと思います。
欲望、煩悩のセーブ。
戦後復興期のころを思えば、多少の不便は我慢できるはず。
今は、便利過ぎ、人間の五感を磨くことを忘れている。
世界に目を広げれば、いかに日本が恵まれているかが分かるはず。
こんな当たり前のことが、分かっていないご仁が多すぎる。
とくに、政治家、官僚、大手企業のトップ。
by よしあき・ギャラリー (2008-06-27 19:50) 

kaji

確かにおっしゃるとおり、現実には炭素を減らしているわけではないんですよねぇ...
根本的な対策を考えないと、行き着く先は変わらないです...
by kaji (2008-06-27 20:03) 

bfield

あんぱんち~さん、ご訪問ありがとうございました。
いいこと言いますね~。
結局のところ欧米的な考え方が負のエコロジー連鎖を呼んでいるんだと思います。
このような時代だからこそ、日本文化の美しい面を世界にアピールするべきだとも思います。
でも、とりあえずは±0から始めないことには、エコロジーが定着しないし、
本当の議論をしようとする芽が生えてこないということもあるのでは?
bfieldが一番疑っているのは、大気組成の370ppm(0.037%)しかない二酸化炭素が、
地球温暖化の主な原因であると言うこと。本当だろうか?
もし二酸化炭素が主原因だったら、今後2~30年の温暖化傾向は既に決まってしまった
ということ。±0では話になりませんね~(T_T)

by bfield (2008-06-27 20:05) 

yukomimi

ご意見ごもっともです。私もそう思います。私たちが節約・我慢する生活をしたら、二酸化炭素排出量は減ります。無駄な電気は使わない、ゴミを出さない、できる限り自転車や公共交通機関を使うなどなど。消費は押さえ、エコにも協力できます。
ご指摘のようにバイオ燃料もおかしな話です。森林を切り倒しトウモロコシ畑にしたりしているようです。トウモロコシは燃料にするため、本来の家畜の肥料が不足しているようです。お肉を食べないでお野菜を食べましょうか?
by yukomimi (2008-06-27 20:56) 

としぴん

はじめまして。ご訪問&nice!ありがとうございました。
仰るとおりですね。eco活動ってみんなのほんの少しの我慢の積み重ねなんですよね。
by としぴん (2008-06-27 20:59) 

いっぷく

正論だと思いますね。
「エコバッグを買うからエコ」と思って遠くまで車で出かけて買ってきているようじゃエコを実践しているわけない。
何が本当のエコなんだろうか、よく考えないといけませんね。

by いっぷく (2008-06-27 23:21) 

kotobukimaru

折りしもリッター7.3kmの高級車を売り払い、
リッター12kmの「エコ」な車に買い換えたところです。
ただ、貧乏になっただけなんですが(笑)
by kotobukimaru (2008-06-28 00:10) 

レイン

今の経済の仕組みではカーボンオフセットや排出権取引みたいな考え方がエコなんでしょう。
我慢は資本主義が一番嫌う考え方です。
by レイン (2008-06-28 01:03) 

にの♪

 おっしゃるとおりだと思いますが、実際の所、エコ(エコノミー)優先が
本音ですよね。
 今、みんなが耐乏生活を実践したら世界経済は破綻し、どれだけの人間が
職を失いそのために生きられなくなるか、想像もつきません。
 人々にエコの意識を持たせる第一歩として、長い目で見てあげましょう。間に合わないかもしれないけど・・・・(^◇^;)

by にの♪ (2008-06-28 06:33) 

chibiroh

おっしゃるとおりですね。
金を払うから帳消し・・・って
エコじゃなくってエゴだなぁ・・・。

by chibiroh (2008-06-28 08:25)